ブログタイトル

アーマルドは パワージェムを つかった!

化石ポケモンにパワージェム下さい。モブ(@XXXrhsx)の雑記になってます。

お初にお目にかかります。

 

 はてなブログで開設したのでテスト代わりに。

 

主に化石ポケモンについて呟くことが多かったですが、Twitterじゃ文字数制限がくるのでこっちも使っていけたらいいかな、といった感じです。

化石ポケモンについての考察あれこれ、投げっぱなしな叩き台レベルのポケモン単体考察記事、その他雑記で埋もれると思いますがどうぞよしなに。

 

Twitterでなんとなく察しているでしょうが、化石ポケモンについての考察は、そのポケモン単体の種族値や技を見て育成案をたてるものだけではなく、現実世界での古生物学に照らし合わせたりして、ポケモンを使って勉強しながら、といったスタンスの考察もあります。

なので、ユレイドルに蛍火を!宿り木を!というような考えなしの気焔を吐くのではなく、

ユレイドルは高めのBDと吸盤という神特性、Cの物足りなさから技スペース的に耐久と火力を同時に上げる瞑想の習得が望まれる 

・自己再生を覚えるのはウミユリがヒトデと同じ棘皮動物門だからである

みたいなちょーっとポケ勢としては異色の投稿になるかもしれません。

(別にユレイドル界隈に爆撃されたいからこんな話をしているのではないのです。僕もぶっちゃけ挙げた技全部欲しいですがゲーフリの技配布的に無理を押し通せるなら瞑想、という話なんです…)

 

閑話休題。単体考察とかあげたいなぁ、とか言いましたが、次の投稿は種族統一大会の告知とルール説明になると思います。

ルールはカビ丸さんのSTOK杯とアットさんの大会を参考という名のパクリにしてやってみようと思っていますので、ちょっと記事が長くなったり画像を用意したりするので時間が開くかもしれません。いきなりブログ休止のお知らせみたくなってるけど大丈夫なのか…?

【種族統一 Advent Calendar 2020】12/9担当 種族統一大会に参加したポケモンの種類とその傾向など

この記事は「種族統一Advent Calendar 2020」の9日目の投稿です。同じポケモンだけでパーティを組む「種族統一」という遊び方について、色々な人が様々な視点をもって好きなことを語る企画となっています。一日一投稿されているので、この記事で興味を持った方は、ぜひ他の方の文章なども見ていただけると幸いです。

いないとは思いますが、種族統一とはなんぞや?というような初心者の方がここに辿り着いていた場合、以下のURLから5日目のるびんさんか4日目のヒカルさんの記事を先に読んでおくことをおススメします。

URLはこちら↓

ポケモン / 種族統一 Advent Calendar 2020 - Adventar

 

題:種族統一大会に参加したポケモンの種類とその傾向など

目標:制限がそこまでない種族統一の大会を主催した中で、どのようなポケモンが使われてきたのか、過去5回分の大会を見ることで種族統一勢がどのようなポケモンを好むかを見ることとする。

 

 

※論文ではなく記事とのことで、本稿は敬体を使っています。しかし、自分の書きやすいようにしてしまったので常体も混ざっています。そのため考察部分が特にお見目苦しくなっています。また、長い文章なので、目次を適宜使ってください。

 

file1.はじめに

リピボ級やリピボ大会に潜ることがない者なので、軽く自己紹介を。

はじめましての方ははじめまして、そうでない方はいつもありがとうございます。過去作の旅プレイや、剣盾のダブルバトルを中心に遊んでいる、モヴと申す者です。

既に述べた通り、本稿では今まで私が主催したことのある種族統一大会/種族統一仲間大会から、使用されたポケモンの種類、個人的主観に基づいた種族ごとの分類分けといったデータを基に、種族統一をするような人の好きそうなポケモンの傾向を見ていこうと思います。

 

file2.使用するデータ

使用する数字は昨年開催したStorm杯(3回分)及び今年開催したStorm会戦(2回分)を見ていくこととします。

各大会ルールを詳細に説明する紙面はないので割愛しますが、簡単な説明を入れておく必要があるのでここで説明を挟んでおきます。

第7世代で行われた大会は次の3つです。第一回Storm杯は伝説/幻に制限あり+個体変更不可能+リーグ戦。第二回Storm杯は伝説/幻に制限なし+試合ごとに個体変更ありのリーグ戦/順位を決めないマルチバトルの2回に分けて開催されました。

第8世代で行われた大会2つは同じルールです。伝説/幻に制限なし+個体変更不可能(仲間大会の使用上)+レート戦で開催。第一回は3月、第二回は8月のため、DLCなしとDLC第一弾ありであることを留意。

本稿で杯と出てきたら7世代環境会戦と出てきたら8世代環境と捉えてもらうと混乱しないでしょう。

 

さて、さっそくだが、各大会ごとに使用されたポケモンについての結果を見ていきましょう。

以下の画像が現在判明している、大会で使用されたポケモンの種類名一覧です。左は手動の大会であるStorm杯、右は仲間大会であるStorm会戦。なお、名前の横の数字はKPであり、表記のない限り1としています。

f:id:ancientmovu:20201207233734p:plain
f:id:ancientmovu:20201207233740p:plain

ざっと見た限り、左画像のStorm杯のほうでは連続して同じポケモンが使われることが少なめ。母数が少ないのも原因には思われますが、毎回のように手を変え品を変えるだけの複数種類の育成の余裕が、厳選難易度の下がった新しい世代の種族統一対戦にはあるのでしょう。ただし、それは複数回参加してくれている人に限った話であり、連続して参加してくださっている方は多くないことを念頭において見た場合だと、7世代では種族統一を持っていても1種族程度と見ても差し支えないでしょう。

次に、右画像のStorm会戦のほうを見ていきましょう。第二回会戦の結果は種類ごとに段落分けされていますが、1段落目が「前回から続投した統一」、2段落目が「ガラル入国済みで新規に見られた統一」、3段落目が「ヨロイ島解禁によって入国できた統一」です。わかりづらいので、段落ごとのポケモンの数をそれぞれグラフに表すと、次のようになります。

f:id:ancientmovu:20201208160116p:plain
f:id:ancientmovu:20201209190346p:plain

参加者数は65→85人と130%の参加人数の増加に対して、31.8%が第一回でも見られたポケモンの種類です。2回目の大会に向けて、新たに別の種類のポケモンを作ってきたような人が70%弱もいることは驚くべき事実でしょう。つまり、8世代では種族統一を複数種類持っている可能性が高いと言っても差し支えないのです。

また、杯でも会戦でも、同じポケモンが別の大会でも使われていることを考えると、情熱をもって同じポケモンを使い続ける人、あるいは種族統一を作りやすいポケモンというのは少なくない割合がいるのだろうと考えられます。特に、母数が多くデータも取りやすいStorm会戦でその傾向がみられるということは、同じポケモンを使い続けるタイプの人間が好んでいるポケモン、及び種族統一が作りやすいポケモンとはなんなのか?という疑問に迫ることができるのではないかと考えられます。

 

file3.データをさらに読み解く

さて、file.2で挙げられたポケモンの種類の全容からさらに掘り下げて、今回私が着眼した種族統一の分類分けの数字を見ていこうと思います。まずは分類分けを以下に示し、そこに着眼した理由を述べ、最後に全体との割合を並べます。次のfile.4においてこれらのデータへの感想を述べることにします。

 

☆Storm杯で調べた分類分けは以下の4項である。

メガシンカ/専用Z/種族値570以上/Zワザや麻痺やスターのみ以外で自身がS2段階上昇orトリックルーム習得可能or先制攻撃技あり

メガシンカ…これがあることで実質2種類のポケモンを使っているようなもの。持ち物制限はあるが、種族値上昇の恩恵は大きい。

専用Z…追加効果つきや普通のZワザよりも威力増強などの恩恵がある。

種族値合計570以上…いわゆる準伝説以上や600族のポケモンが属するグループ。種族統一戦において、物理特殊の選択肢は広ければ広いほどいいので、種族値合計が高いということは色んな選択肢が強められることに他ならない。

Zワザや麻痺やスターのみ以外で自身がS2段階上昇orトリックルーム習得可能or先制攻撃技あり

…そもそも近年のポケモン対戦は一部特殊戦術を除き、基本的には相手へとダメージを与える攻撃技を使用しHPを削りきったほうが勝つゲームである。特に、種族統一は基本的に弱点となるタイプが後続にも被るため、相手よりも早く動いて、弱点となる技を撃っていくことへの耐性を持たない。そのため、「全抜き」ができる状況を作る、すなわち素早さを一気に有利な展開へ持っていける手段は、普通のポケモン対戦よりも重視されていると思われる。また、先制技は7世代では「全抜き」や「全抜き」の対抗に準じる手段であると判断した。麻痺は全抜きとは少し違っていること、Zワザまで調べることは時間がかかるので断念した。

 

メガシンカ/専用Z/種族値570以上/Zワザや麻痺以外で自身がS2段階上昇orトリックルーム習得可能or先制攻撃技あり

第一回杯     28.6% / 0% / 14.3% / 76.2%

第二回杯シングル 11.1% / 0% / 22.2% / 55.6%

第二回杯マルチ  27.7% / 0% / 18.2% / 90.9%

メガシンカ/ゲンシカイキ可能な伝説/幻の数は46/807≒5.7%

 

 

☆Storm会戦で調べた分類分けは以下の項である。

キョダイ可能個体/種族値570以上/S種族値75以上/技か種族値変化フォルムチェンジ/高速移動、空振りやスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体

キョダイ可能個体…8世代追加要素。タイプ一致技のダイマックス技を専用のものに変え、追加効果を変える選択肢が出てくる。専用Zと違って必ずしも強いというわけではないが、ピックアップ期間中に5Vの個体を手に入れられるので個体の確保がしやすいのでは、と思われる。

種族値570以上…7世代同様。ただし、種族値合計550のウーラオスは準伝説として本稿では扱うが、ここには含まれない。

S種族値75以上…相手よりも早く動くことが大事なことは既に述べた。75と定めたのは、第4回リピボカップのS種族値平均が76.2だったことから。

タイプか技か種族値変化フォルムチェンジ…リージョンフォームやフォルムチェンジをパーティ内で選択する余地のあるポケモン。特性が一つしかないので必ずフォルムチェンジしてしまうギルガルド等や、種族値やレベルで習得する技が変わらないミノムッチ等や、持ち物固定でタイプや技タイプが変わるゲノセクト等は含めていない。

高速移動、空振り保険やスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体…素早さの重要性については既に述べた。確実に素早さを上げられる「全抜き」手段を持つ個体をここに含めた。高速移動に関しては、ピカブイ限定個体などもいたため調べる時間がなく断念した。

 

キョダイ可能個体/種族値570以上/S種族値75以上/技か種族値変化フォルムチェンジ/高速移動、空振りやスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体

第一回会戦 9.7% / 11.3% / 46.8% / 8.1% / 33.9%

第二回会戦 11.8% / 12.9% / 38.9% / 9.4% / 37.6%

第二回会戦続投組 S種族値75以上:40.7% 素早さ関係重視率:55.6%

種族値570以上のポケモンの数は90/898≒10.0%

※「タイプか技か種族値変化フォルムチェンジ」にあたるポケモンの数は59/898≒6.6%

 

file4.データから考えられること

file.3で挙げたデータを元にして考察を述べます。

 

まず7世代のStorm杯はシングル(結果の上2つ)はリーグ戦形式、つまり対戦での上位を目指すものであったことを念頭において見てみましょう。

f:id:ancientmovu:20201209212850p:plain

メガシンカ可能なポケモンの割合は、圧倒的にポケモン全体の割合と比較して多い。やはりスペックが高くなれる可能性のあるポケモンは魅力的であるのだろう。2回目のシングルは参加人数が少ないため、平均に近い数値で落ち着いたというべきだろうか。

・専用Zは配られているポケモンが7世代限定の子がほとんどということもあり、母数としてはどの大会でも選ばれなかったと考えられる。

種族値合計が高いスペックのポケモンも、ポケモン全体の割合から考えると高めである。物理ポケモンとして見られているポケモンを特殊にする場合もこの種族値の高さがものを言う場合もあるため、勝利を見据えるのであれば大事な部分だろう。

・素早さの重視度合に関しての第二回は、参加人数の低下もありそこまで重視されなかったか?という具合にはとれる。勝ち筋を増やす選択肢(今回私が考えたものでしかないため、抜けもあるはずだが)は基本的に重視される要素ではないかと考えられる。

・マルチバトルの大会は、実は大会ではなく交流戦という形をとったのだが、味方をサポートするというマルチバトルの面白みを出すためにS操作系の手段があるポケモンはシングルバトルよりも喜ばれるのではないだろうか。

 

8世代のStorm会戦は、大会のレートシステムで出てくる順位を気にせずに、種族統一というルールを遊んでもらうことを目標にしたことを念頭に置いて見てみましょう。

f:id:ancientmovu:20201209212844p:plain
・キョダイ可能個体は、第一回は3月に開かれたということもあり、キョダイマックスポケモンのピックアップ期間に遊べた人が十分ではなかったこともあるかもしれない。よって第二回では微増したのではないかと思われる。

種族値570以上のポケモンに関してだが、準伝説はシルヴァディ聖剣士程度しか解禁されていないにも限らず選択されているのは驚きである。種族値合計の高さは魅力的と捉えてもいいのかもしれない。第二弾のDLCを含めて600族や準伝説が一気に使用可能になったので、ここら辺のポケモンを好む人間がこれから増える可能性はあるだろう。

・S種族値75以上の割合だが、第二回は主催の意図が伝わったのか、上位を目指すリピボカップよりもS種族値の高いポケモンを積極採用しなくていい、と受け取られて割合が下がった可能性がある。

・姿の違う種類をとれるポケモンに関しては、やはポケモン対戦という場であることを考えると、全体のポケモンの割合よりも少し高くなるのであろう。

・素早さの重視度合に関しては、Storm杯と比較して明確に下がっている部分である。もちろんこの要素がないから弱い、なんてことはないのだが、あまりこの部分に拘らなくても、相手の攻撃を耐えやすくなったダイマックスという8世代の要素の影響が関係してくるのかもしれない。

・先制技の有無の項目を除いてしまったせいで、7世代との単純な比較ができないこともあるのかもしれないので調べてみたが、先制技を含めた数値でも 第一回:53.8% 第二回:51.8% とStorm杯を超えない数値を示している。

・第二回Storm会戦にも続投して使われているポケモンたち(2項目だけ表示している部分)を見ると、S種族値は似たようなものだが、S関係の重要視の度合いはやはり格段に上がっている。このことから、同じポケモンを使い続けるタイプの人間が好んでいるポケモン、及び種族統一が作りやすいポケモンとして、素早さ関係の一転攻勢の手段の有無は無視できない要素なのではないかと思われる。

f:id:ancientmovu:20201208161058p:plain
f:id:ancientmovu:20201208161104p:plain

・ちなみに「主催の意図が伝わったかどうか」だが、参加したポケモンの割合を円グラフにすると上記のようになる。いわゆる進化前の割合や、使う機会の少ない伝説/幻の使用率上昇が見られるため、順位を気にせずに対戦するという意図は汲み取られたのではないかと考える。

f:id:ancientmovu:20201209200428p:plain
f:id:ancientmovu:20201209200432p:plain

・参考までに進化前や伝説ポケモンの使用率の比較対象として、リピボカップLの結果を挙げてみる。中間進化未満の割合がStorm会戦のほうでは多く、伝説/幻の割合がStorm会戦では減ることがわかるだろう。つまり、高順位を狙うならば種族値が高めに設定されている伝説/幻は好まれる傾向にあり、順位など気にしないのであれば本心から伝説/幻を好む人は少なく、進化前のポケモンを対戦で使いたい人も一定数いるのかもしれない。

8/9 だい5かいリピートボールカップL 総評|リピートボール級|note

 

file5.他のデータも貼ったりする

自分の大会のデータだけでは8世代の対戦環境が見えてこないので、他の種族統一仲間大会の結果もいくつか挙げてみることとします。

 

☆第一回ふわふわカップ

https://twitter.com/yatagara426/status/1274658322948513793?s=20

・S種族値65以上:30.8% 

・麻痺とスター以外で実質S2段階上昇又はトリル可能個体:74.4% 

やはり、仲間大会のレート戦という形式上、高順位を目指すのが基本的な目標になるため、Storm会戦よりも高い数値が示されている。

f:id:ancientmovu:20201208161124p:plain
f:id:ancientmovu:20201209190346p:plain

・残り2回進化できるポケモンの使用率は23.1%である。これらは基本的に進化すると合計種族値は2~3倍に跳ね上がるポケモンであるため、使用率が下がることは自明であろう。もちろん、1回進化を残したポケモンの中にも、コソクムシ(合計種族値230)などがいるため、残り進化回数=種族値の単純比較ではないかもしれないが、基本的には1回進化を残しているポケモンのほうが有利と言っても過言ではないだろう。

 

☆第一回リピボカップ

2/24 だい1かいリピートボールカップ 総評|リピートボール級|note

キョダイ可能個体/種族値570以上/S種族値75以上/技か種族値変化フォルムチェンジ/高速移動、空振りやスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体

 9.8% / 15.7% / 54.9% / 9.8% / 35.3%

・開催日時が近い第一回Storm会戦よりも種族値570以上とS種族値は上昇している。仲間大会という形式上、やはり上を目指すには必要な部分だろう。

f:id:ancientmovu:20201208161111p:plain
f:id:ancientmovu:20201208161058p:plain

・使用ポケモンを比較してみると、進化前の割合が特に顕著である。高順位を目指す対戦という要素、しかもメタありでもない汎用的なパーティを求められるのであれば至極妥当である。

 

☆第四回リピボカップ

6/6 だい4かいリピートボールカップ(R.B.C vol.4) 総評|リピートボール級|note

キョダイ可能個体/種族値570以上/S種族値75以上/技か種族値変化フォルムチェンジ/高速移動、空振りやスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体

11.1% / 11.1% / 62.2% / 6.7% / 42.2%

・第一回リピボカップと比べるとS種族値の向上、素早さの重視の度合は上がっている。代わりにフォルムチェンジ選択可能のポケモンの割合が全ポケモンとの割合と同等レベルにまで落ち込んでいることから、実はリージョンフォームなどは「絶対的な強さの秘訣」にまではいかないのかもしれない。

f:id:ancientmovu:20201208161111p:plain
f:id:ancientmovu:20201208161118p:plain

・ちなみに使用ポケモンを第一回と第四回を比較すると、上記のようになる。進化前が一定数いることに驚きを隠せない。

 

☆第六回リピボカップ

9/19 だい6かいリピートボールカップ 総評|リピートボール級|note

キョダイ可能個体/種族値570以上/S種族値75以上/技か種族値変化フォルムチェンジ/高速移動、空振りやスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体

19.2% / 3.8% / 59.6% / 11.5% / 34.6%

・ヨロイ島で追加されたキョダイマックスが増加、ここで超高種族値帯が減ったことで、種族値以外に自分の力を試すという流れがしっかり作られたのが第六回のように思える。フォルムチェンジ可能個体を選びながら、フォルムチェンジの選択をとらないなどの拘りも増えた。

・また興味深い事実として、素早さ関係の重視ポケモンは、1~26位までの中で5種類しかいないことが挙げられている。S1段階の操作ができるダイアタックやこごかぜ岩封で十分戦える可能性を示唆しているというのも、この大会での大きな成果ではないだろうか。

f:id:ancientmovu:20201209203745p:plain
f:id:ancientmovu:20201208161104p:plain

・開催日時の近しいStorm会戦との比較は上のようになる。第一回リピボカップと第一回会戦の比較よりも、進化前の割合の差は顕著である。


その他、剣盾以前の大会、剣盾で開催された大会もありますが、全部見ていく時間は無かったので、他の大会データに関してはここで筆を置くことにします。

 

file6.データ全体に関しての振り返り

そもそも今回集めたデータは、種族統一で使われるポケモンの傾向を探るのに正しく機能していたかどうか、を振り返ることにします。

 

まずは7世代での項目を振り返りましょう。

メガシンカ/専用Z/種族値570以上/Zワザや麻痺やスターのみ以外で自身がS2段階上昇orトリックルーム習得可能or先制攻撃技あり

メガシンカと高種族値に関しては上々の結果。基本的に、対戦によって成り立つのが種族統一という世界なので、やはり対戦面で強いという点に目をつける人もいることは確認できました。

・専用Zへの着目は失敗です。1世代と7世代のポケモンにしか配られていないので、効果が強力でも採用するまでの要素には至らないのかもしれません。

・素早さ関係重視に関しては、元のS種族値から一転攻勢できるだけの手段を持つポケモンは中々多く選ばれることが判明。素早さ関係を重視できるポケモンというのは種族統一において選びやすいのではないのだろうか、と思います。

 

次に8世代での項目を振り返りましょう。

キョダイ可能個体/種族値570以上/S種族値75以上/技か種族値変化フォルムチェンジ/高速移動、空振りやスターのみや麻痺以外で自身が実質S2段階上昇又はトリル可能個体

・キョダイ可能個体、種族値570以上についてはやはり選ばれる理由にはなると思うが、これだからこそ積極採用される、という枠ではないように感じました。キョダイ可能個体が1・8世代(ダストダスだけ5世代)という偏りのある点、冠雪原までは準伝説の数が少ない点から、これはデータとして参照するのはあまり良くなかったと思われます。

・フォルムチェンジ可能個体に関して、タイプ一致技の変化などから、7世代でいうメガシンカのように採用しやすいかと思われたが、これもそこまで数を伸ばす数値ではなかった。データとしては失敗の部類でしょう。

・S種族値75以上に関しては、リピボカップでも調べられていたこともあり、対戦で勝ちたいのであればS種族値が高いことで有利な場面を得られると考える人は多いのだろう。順位を無理に狙わないStorm会戦ではここの割合が下がったことから、これに関してはほとんど正しいと言えるはずです。

・素早さ関係重視に関して、ふわふわカップ及び第二回Storm会戦でも続投しているポケモンでは大きな割合を示した。しかし、他の大会に関しては順位を狙うものでもそうでないものでも、ここの割合に大差がつくものではなかった。つまるところ、素早さ重視というのは種族統一でも考えやすい一つの作戦ではあるが、絶対的な勝ち筋に繋がるわけではない、というのが8世代対戦環境の総意なのだと思われます。

・今作にダイジェットがあること(過去作ありの環境ならばダイジェットを持ち込めるか)で抜き性能があるかどうかの評価に繋がったりするため、それを超えるS一転攻勢は必須ではない、というのが見えたのではないでしょうか。

 

余談。他例として引用しているリピートボールカップですが、使用されたポケモンのタイプ、素早さ種族値の平均、合計種族値の平均、また上位層の傾向や、持ち物と性格などを調べています。私とは違う切り口で仲間大会を調べているので、気になる方は覗いてみるといいでしょう。ただ、最近になるにつれて総評にて語る口が減っているため、リピートボールカップに出場する人も、勝つためのポケモン選びに興味があるというよりかは、自分で選んだポケモンが勝つのが嬉しいという人が多いため、あまり考察が役に立たないのかもしれないという気持ちがリピボ級運営にもあるのかもしれません。

 

file7.結論というか感想のまとめ

ここまで仲間大会の結果を色々比較してみて、やはり一番大きな収穫だったのは8世代のSに対する意識でしょうか。今作にダイジェットがあること(過去作ありの環境ならばダイジェットを持ち込めるか)で、抜き性能があるかどうかの評価に繋がったりするため、2段階upやトリルのSの一転攻勢は必須ではない、というのが見えたのは個人的に大きな収穫だったように思います。

また、Storm会戦はリピボカップとの趣旨を明確に違えているため、「本当に好きなポケモンで出れる」という種族統一において大きな要素の内の1つが、参加者の中でもそれが伝わっているのを再確認できるのがよかったです。アオガラス統一を毎回使っている甲斐がありました。

どうしても自分の好きなポケモンがマイナーや進化前、対戦に出づらい伝説や幻だったりする人は、対戦の場へと出てくることは少なくなるのです(進化前使ってる動画のコメ欄とか見ると「使ってくれて嬉しい!」的なやつを本当によく見ます)。好きな進化前使って遊んでみたい、みたいな人はリピボ級のアクティブ勢にパーティの作り方とか聞いてみればいいと思います。というか、Storm会戦は特にそういう場になっているハズですし、全国8220万人のアオガラスファンの人間はぜひパーティ作りに困ったら僕のところにでも質問に来てください。

 

file8.宣伝

最後に宣伝を3つ。

まず1つ目。2021年2月6日土曜日夜9時から、ポケモン剣盾の種族統一仲間大会「第3回Storm会戦」を開催します。

大会ロゴ、ルール等詳細は下記の画像にありますので、適当に保存して拡散していただけると助かります。やはり種族統一はまだマイナーなルールなこともあり、人が参加するかどうか毎回不安でいっぱいです。協力よろしくお願いします。

たぶん主催はまたアオガラス統一で出るので、余裕のある人は見た目がめっちゃ好きなポケモンとか使えばいいと思います。

f:id:ancientmovu:20201122151822p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151828p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151749p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151753p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151757p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151802p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151838p:plain
f:id:ancientmovu:20201122152911p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151808p:plain
f:id:ancientmovu:20201122151814p:plain

 

2つ目。ユレイドルしか場に出ない大会、ゆらゆらマルチの参加者を募集中です。現在参加希望は主催含めて2名のみ。個人的には複数の企画を抱えたくないので企画には倒れてくれて構わないのですが、参加者に申し訳が立たないです。興味あればぜひ。

f:id:ancientmovu:20201208001652p:plain
f:id:ancientmovu:20201208001657p:plain
f:id:ancientmovu:20201208001702p:plain
f:id:ancientmovu:20201208001707p:plain

 

最後。今後の種族統一アドベントカレンダー企画(ポケモン / 種族統一 Advent Calendar 2020 - Adventar)の予定は、

10日目:ベスさんのルナアーラ統一論

11日目:チイセさんの「種族統一勢の嫉妬と羨望」についての話

12日目:ハルハさんの種族統一勢を描いた漫画

13日目:のの字さんの持ち物にこだわった種族統一PTについての話…

その後もドンドン続いていきます。今後の記事及び以前の記事もお楽しみください!

(ベスさんは僕の知らない人なので僕も楽しみです)

種族統一アドベントカレンダー先走り短編集

種族統一アドベントカレンダーポケモン / 種族統一 Advent Calendar 2020 - Adventar)とは別企画の記事です。僕の記事は当日に1本だけ投稿予定なのでよろしく。僕は種族統一勢じゃないですけど。

まあ何はともあれ、文章系の投稿は以下の3つの短編のどれかに近いパターンに近いんじゃないかな?と思っているので、この内どれかが好きな方がいれば、企画を楽しめるのでは、と思っています。こんな感じか!とぜひ当企画を楽しみにしていただければ、一参加者として幸いです。(あと埋まってない日の参加者が増えると嬉しいです)

 

以下短編集3つ

 

・食べてみたい化石ポケモンランキング

僕は特定のポケモンが好きというよりかは、ポケモン+技が好きなので、野生のポケモンに関してはちょっと食べてみたい感じはある。もっとも、ポケモン虐待は趣味じゃないけど…

 

食べてみたい化石ポケモンランキング

5位 チゴラス 肉食獣の幼少期は狩りやすいからね。

4位 パッチルドン 震えていたりジャンプするだけの筋力もあるし、冷凍鶏肉。

3位 アーケン 飛べない鳥とかドードー(絶滅種)みたいで捕まえやすそう。

2位 ラムパルド ふとももとかプリプリしてておいしそう。

1位 アーマルド 蟹みたくツメに肉が詰まってそう。進化前よりも身が詰まってそうなのがいいですね。

 

ワーストランキング

3位 カブトプス 食べれる部分無いでしょ…ちなみに体液啜る仲間のタガメは虫食の中にはあるらしいですね。

2位 トリデプス 硬い部分多いせいであんま食べるところ残らなそう。

1位 メガプテラ 炭素ぶっ刺さってて可食部分なさそう。

 

すごくどーでもいいですが、アーマルドは食べたいほどかわいくて、アマルスには凍らされて食べられたいほどかわいいと思ってます。前者はボガール、後者はポケ探のメノコ×ハッサム的なやつ。

 

この話をするきっかけの風見鳥(@kazamidoririnn)さんのイラストも見ていって。アーマル丼とか他の子もすごくいいでしょ?

頭をソラマメ、触手を紅ショウガかベーコンにしたユレイ丼とかのキャラ丼を作りたいんだけど、一生企画を考えているだけで終わってるので先に誰か作ってていいですよ。

f:id:ancientmovu:20191107223855j:plain
f:id:ancientmovu:20191107223847j:plain


ユレイドルに欲しい技

まあ種族統一も対戦要素だからコンセプト統一とかと欲しい技は変わらないといえばそうだけど…こういうの語るのって”種族統一”というかポケモン単体の話になるから違うよね?って個人的には違うと思ってる。他の人が言う分には見てて楽しいから良いんだけど、僕は言いたくないってやつ。

元ネタの生物に沿った考え方をしているので、やどりぎユレイドルはまだ許していません。あり得ない技を貰いたいほど頭がイカれているわけではない。

1.瞑想。技モーションも似合うし、Cの自力上昇手段がZあやぴかとかダイアシッドとかメテビとか原始とかってお前…

2.電撃波。一般ポケモンで覚えそうなギリギリラインじゃないですかね?オーロラポケモンさんは放電とかできますし、10万Vや雷の牙や雷パンチ覚える子もいるからこういうの覚えていいと思う。飛行への命中安定や役割遂行相手への安定化、欠伸対策と考えてこの順位。

3.鉄壁。岩化石ポケモンの中で鋼技持ってないのお前くらいだぞ。他は鉄壁かアイアンテールくらいはあるのに… でも正直言うと耐性などの関係上、そこまで欲しいわけではないのでこの順位。

番外編.ハードプラント。セキタンザンは実質御三家なので、トロッゴン、リリーラオムナイトで御三家扱いとかされればいいんじゃないんですかね。まあ実装は天地がひっくりかえっても無理だろうけど。

 

ユレイドルはものまねがあるので、ぜひ使用感が気になる人はここら辺の技をパクってみてくれよな!

割と瞑想に関しては覚えてもいいし強い技だと思う。草だしやどりぎ~って配るのあんまり好きじゃないし、その理論で言うならば早くマダツボミジュナイパーにやどりぎ寄越せってなるので、今でもやどりぎ返却して瞑想欲しいと思ってる。

 

夢特性解禁によるパッチルドン統一新論

冠雪原解禁で、ゆきかきパッチルドンが追加された。

これにより、電磁波やこごえるかぜ、じならしといった限定的な対面によるS操作手段を必要とせず、後続から恒常的にSを上げる手段が出たのである。

具体的に言うと、今までドラパ統一に関してはチョッキや襷などを的確にぶつけなければ勝てなかったことから、霰一個撒けば次のターンから最速個体が上をとって蹂躙できるようになったのである。

これが如何にすごいことかは説明せねばなるまい。なんとヌケニンジバコイル、Aガラガラやランターンなど以外には、パッチルドンというポケモンは一致技で等倍以上のダメージが出るのである。もっと言えばこの面子などにもフリドラやサブウェポンで弱点をつけるので、如何に攻撃が通しやすいポケモンかわかっていただけると思う。

 

さて、このゆきかきだが、パッチルドン自体の発動条件はあまり多くはない。あられを覚えさせるか、ダイアイスを撃つか、である。

ダイアイスはダイマすることが必須になってしまい、手動あられは相手の天候書き換え手段に非常に弱くなってしまう。しかし、先ほども述べたように、技範囲がよく、最速個体であればドラパ抜きすらできる美味しいラインであるので、ASとCS合わせて2体ずついると非常にタイプ有利対面で勝ちやすいだろうことは確かである。

このことを鑑みて、パッチルドンのS操作手段から、ゆきかき個体が4体以上必要かどうか、を今回議題に挙げたいと思う。

さて、私の結論を率直に言ってしまえば、ゆきかき個体4体は過剰である。

ダイアイス展開だが、相手もダイマに合わせてダイマを切り、弱点であり天候を変えてくるダイバーンやダイロックによって相手に切り返されるのは目に見えている。ダイアイスから後続につなぐ、というのは炎や岩というサブウェポンとして優秀な技範囲から考えて、なかなか上手くいかないのでは?と考える。

手動あられに関しては、パッチルドンの耐性上、こらえるイバンか襷に頼らざるを得ないことが危ぶまれる。もっともこれは種族全体の悩みなので、これに頼る場面は増えるだろうが、これをパーティ内に必須級とするかは別であろう。

さて、ここで対案だが、ゆきかきパッチルドン自体は強い。そのため、4体はなくても複数体いることは珍しくもないのでは?と考えたい。

あられを食らわないポケモン相手に麻痺などを入れる用のS操作持ち、静電気麻痺バグしながら粘る耐久型、蓄電により電気ポケモンに強いチョッキなどのアタッカー個体、ここらはパッチルドンの別の強さであるため、これと全抜き性能を合わせることがいいのではないだろうか。ここに、こらえるイバンあられなどの個体から繋いで、ASゆきかき、CSゆきかきを暴れさせるルート、あるいは初手チョッキやラムなどで相手の初手を荒らし、弱保耐久調整ゆきかきのダイアイスで全抜きのルートを混ぜることでこのポケモンは輝くのではないかという妄想をもってして筆を置くこととする。

化石ポケモン新規技/復活技一覧

遺伝技までまだ全部調べてません。抜けがあったらすいません。一応自分で進化後の子たちの技マシンとレコードとレベル技は確認済みなので大丈夫なはず…

リーク情報の頃から(レベル技と遺伝技以外に)習得増えた個体もいて嬉しいな、って感じです。やっぱりアーマルドは入国時期遅くしてきゅうけつもらうべきだったんだぞお前同期がやどりぎ貰ってるのにシャドクロで満足するなよ

 

完全に新規は、過去作でもともと覚えた技はです。ランクマでも特殊対戦環境でもここら辺の技をぜひ使ってください!読まれないので()

 

オムスター 139
ミサイルばり すなかけ アクアブレイク かみくだく メテオビーム
ダイビング のしかかり こらえる
先生からのコメント:アクアブレイクの習得でようやくあなたも水系化石の貫禄が出てきましたね。物理方面のテコ入れが多く、特殊はほぼそのままでもいいという公式との解釈一致は嬉しい限りです。

 

カブトプス 141
ロックブラスト サイコカッター クロスポイズン シェルブレード メテオビーム クイックターン
メガトンキック あなをほる うずしお ダイビング のしかかり ハイドロポンプ きゅうけつ しおみず

先生からのコメント:新規エスパーと毒技、とても技範囲追加としては喜ばしい限りです。またハイポンの復活なども過去作での育成に苦労しなくて済むので喜ばしいですね。ガラルの後輩たちとアーケオスと組んでみてサイクル戦でもしてみますか?

 

プテラ 142
ロックブラスト りゅうのまい ぼうふう サイコファング メテオビーム ダブルウイング
こらえる スピードスター

先生からのコメント:龍舞おめでとうございます。また、特殊型も大幅強化のため、非常に扱いやすくてうれしく思います。

 

ユレイドル 346
あなをほる マッドショット グラスフィールド パワーウィップ ロックブラスト やどりぎのタネ メテオビーム まきつく
タネマシンガン のしかかり

先生からのコメント:化石の中でも1、2を争う習得技の優秀さですね!ダイマ遅延のできるあなをほる、火力増加できるねをはるのようなフィールドなどの変わり種がいい味を出しています。

 

アーマルド 348
マッドショット シャドークロー メテオビーム
あなをほる のしかかり こらえる

先生からのコメント:ダイホロウを覚えたのが偉いです。これからもがんばりましょう。

 

アバゴーラ 565
マッドショット ロックブラスト シェルブレード こらえる だくりゅう メテオビーム
あなをほる ダイビング 

先生からのコメント:チゴラスの次にメテオビームが使いやすそうですね!また、アクジェがなくても襷対策できるのはいいことです。

 

アーケオス 567
スピードスター ロックブラスト ダメおし エアスラッシュ こらえる メテオビーム ダブルウイング うっぷんばらし
あなをほる 

先生からのコメント:特殊型のエアスラとメテオビーム、アーケオスの苦手な襷に強いロクブラなど嬉しい限りです。

 

ガチゴラス 697
ロックブラスト ワイドブレイカー のしかかり こらえる インファイト 10まんばりき じゃれつく いわおとし メテオビーム スケイルショット うっぷんばらし こわいかお ダメおし
あなをほる 

先生からのコメント:ワイブレやメテオビームあたりは鈍いやチゴラスとも相性がいいですね!襷貫通技も2つ増えたのも良い感じです!

 

アマルルガ 699
ウェザーボール つららばり マッドショット ロックブラスト のしかかり こらえる オーロラベール メテオビーム

先生からのコメント:つららばりなど物理型も大幅強化されましたね!ゆきふらし物理も面白そうです!また、フリーズスキンを逆に活かした他の天候でのウェザボも楽しそうでしょう!オーロラベールおめでとう!!!

 

 

…喜ぶことばかりでもないので、今作からの新規の過去作限定技(全体に言えそうな汎用技)などにも少し触れますね

バリアー…そもそも技がない。ユレイドルは鉄壁を覚えないので弱体化。

毒毒…誰も毒タイプではないので。定数ダメが本当に欲しい子は化石の中では少なめ(個人的感想)なのでまあいいでしょう…

かげぶんしん…ガラルだとインテレオンやピカチュウなどしか覚えないレア技です。アーケンだけもらいました(プテラ…???)

アクアテール…これもだいぶ過去作技として多め。今でも覚えるアバゴーラとかアクアブレイク組はともかく、アマルルガとかはつらいかな?意外とプテラなども覚えるので面白いです。

みずのはどう…アマルルガが欲しい感じ。アノプスは遺伝技として続投しているので、本当に3世代でこの技を覚えたからこそ今のアクジェとかあるのでうれしいんですけどね。

ロックカット…チゴラス以外禁止みたいなもの。高速移動とかでジェネリック的に摂取しましょう。ユレイドルアマルルガにはつらい…

つばめがえし…誰だってダイジェット撃てるわけじゃないからね。むむむ…

とおせんぼう、まとわりつく…岩タイプなのでだいたいが鉄壁を覚えるため、嵌め性能は一応ある。が今回、アバゴーラ以外には没収のお触れが出た感じである。うずしおなどで代用しよう。

ゴッドバード…物理飛行技の最大威力がダイマでも10変わるのはもったいない…

 

〈出典〉

https://yakkun.com/

アナザーフォルム2on2のモヴ視点【ハリネズミ×2!】

化石ポケモンが好きなモヴと申します。

7/19はアットさんの種族統一大会、ミヤビさんのタイプ統一仲間大会とこれに出てました(日記帳)

一番戦績が良かったのはこれなので、これの話したいです!!

…っていうわけじゃなく、自分の備忘録用に書くだけです。

詳しくはSURさんの記事を読めば分かりますが、まあ「遺伝子的に似たやつ2匹出して戦おうぜ!」って大会でした。

sursursursursur.hatenablog.com

 

使った構築

ベストエモ賞に出れるほど、凝ったリボンだのボール一致だのしてないです…

ネット意地ASサンドパン 氷技/鋼技/岩技(今回の軸!)/ダイウォールになるやつ

サファリ陽気ASサンドパン(すなかきでスカーフ100族とか抜けるぞ!)  ドリルライナー/ゴースト技/吸血/守る

NNは左→右の順番で出して、「あさはパン!」「よるごはん!」とNNで遊んでました。朝と夜のイメージが色合い的に逆とか言わない。

持ち物は気合の襷と、達人の帯と色合いが似てる持ち物を持たせました!

今見たら♂♀だったのでエモいペアっぽく見えますね。まあやっぱり入賞ほどエモくはありませんが…

f:id:ancientmovu:20200719002936j:plain

まあやることは簡単!モヴ率いる朝夜主食はサンドパン構築で…

 

ダイロックする!守る!砂嵐ができる!倍速で強い!サンドパン無双だぜうおおおおおおおおおお!

 

ルール上ブルンゲルとか出てくるのでそこら辺は対処しようがなかったんですけど、まあかるーいお遊びの大会だと思って出たのでそこら辺は割り切っています。一応他の技構成案だと、新技のアイアンローラーを仕込んでエスパーのフィールドを消したりしようとかもできる子たちだったので、イエッサンとかにも強い可能性はあったのかな?

反省会はただひとつ、上記のことやってねぇじゃん!っていうのを戒めるために書いてるだけです。

最近、深読みしすぎて悪い手を打ちがちなので、構築単位で先に考えておくことで、立ち回りは全部楽にするべきだということを反省したいなぁ、と思った日記帳なので、これを読む暇があるならば先日書いたタイプ統一の記事とかのほうがタメになると思います(露骨な宣伝)

 

実際の対戦結果

f:id:ancientmovu:20200719002858j:plain

〇 初戦:ぴピPさん率いる飛ぶ鳥を落とす勢いの落石ガラガラーズ

S種族値は勝っているので、上からダイロック+ドリルライナーをAガラガラに集中砲火!(それでKサンドパンがバブル光線とかで倒れたらどうするつもりだったんだ…?)

残ったKガラガラはダイアイスやシャドークローで適当に。やはりマルチバトルや2on2は片方を集中砲火して勝てばいいですからね!(この方針だけはあってたんだけどなぁ…)

f:id:ancientmovu:20200719002901j:plain

● 2戦目:Tomyさん率いるギター&ボーカリストで明日にストライド

Kサンドパンで弱点つけるじゃん!!!さっきと同じでいこう!!!

↑おわかりだろうが、これは間違いである…

S種族値は負けているので、相手の範囲技でどちらかは落とされてしまう…

となったら、相手視点からは厄介であるKサンドパンを残して上から攻撃できる基本戦術をするべきなのに、あろうことかローの姿にダイロック+ドリルライナーをしてしまう。まあキョダイカンデンの麻痺とかも考えたらあまり悠長なこともできないのだが、これは結果論で言えば基本戦術をするべきなのである。敗因を自分で作ってしまったため、上からハイパーボイス+ハイの姿のダイアタックでKサンドパンが集中されて負け。

やはりマルチバトルや2on2は片方を集中砲火して勝てばいいですからね…(相手にされたら嫌なことをもっと知るべき…)

f:id:ancientmovu:20200719002907j:plain

● 3戦目:SURさん率いる雨よふれふれニョロニョロちゃぷちゃぷ

ニョロニョロと言ってもムーミン谷のあの白くて手みたいなのが生えてるアレではない。このカエルコンビは指を振るでもメジャーな並びである。ちなみにリボンはアローラとガラルのチャンプリボンがそれぞれついていた。

…まあサンドパン使いたい!で考えただけのパーティなので、早いニョロボン、後攻で雨天を確実にとってくるニョロトノの対策もできるわけがなく。ここはやり直しても勝てないのでまあしかたあるまい。

f:id:ancientmovu:20200719002912j:plain

〇 4戦目:もるもっとさん率いる必勝祈願の夫婦ダルマーズ

このルールでは耐えるために襷持たないと!な理由になってるであろうダルマコンビ。Kサンドパンが最速であれば天候込みできっちりスカーフ100族は抜けるので、ここは定石通りダイロック+守るからスタート。

Gダルマのダルマモード+ダイアタックがしんどいと思ったのでGダルマにダイロックを当てたら、無事に襷が発動して砂でダウン!一番最初に原種ダルマがダイバーンを撃っていたので、すなかきで原種ヒヒダルマを抜き去って、あとは攻撃してフィニッシュ。

最初からその戦法でよかったのに…

f:id:ancientmovu:20200719002918j:plain

〇 5戦目:げっしるいさん率いるふわふわパンっ娘とつんつん電気のライライ

原種のエレキフィールドでアローラのほうがびゅんびゅん動く。のがめちゃくちゃこわかった(すなかきだと上とれない?!)ので、Kサンドパンダイマックス、Aサンドパンは岩雪崩を選択。

Aライチュウは手助け、Kライチュウのダイストリームをサポート!…なぜかちょっとHP残してKサンドパンが生き残ったので応援していたパンケーキ食べてふわふわなAライチュウを集中して倒して、あとはダイウォールとつららばりなんかで絡めながらフィニッシュ。

ここまで、電気相手はKサンドパンさえ倒せば…!という思いで動いているのがわかりますね(当時はわかってなかった)

f:id:ancientmovu:20200719002922j:plain

〇 6戦目:ピノさん率いる夜に目覚めておねむなマッギョたち

ここにきてまさかのマッギョ。自身はダイサンダーを食らわないのにあくび飛び跳ねるとか絡められるので耐久相手を崩すのもできなくもないのが良い並び。

原種マッギョダイマックス、こちらはどちらにも弱点をつけるKサンドパンダイマックス。ダイウォールやとびはねるなんかを絡めてマッギョが粘ろうとするも、一致ダイアースはさすがに強かった。

f:id:ancientmovu:20200719002927j:plain

● 7戦目:トルンさん率いる小麦色のあの子と光る僕のライライ

おっ!5戦目と同じライライ相手じゃーん!w

↑おわかりだろうが、そもそもKサンドパンを集中されたら負けである…

エレキフィールドで上をとられるのをまた過剰にこわがって、Kサンドパンダイマックス。相手はKライチュウがぶんまわしてAライチュウの弱点を起動、Aライチュウのダイストリームはさっきの手助けよりも絶対に強いので…

相手が「エレキフィールドを展開しない」「Kサンドパンを攻撃するのを優先する」というのが、やはり明確な勝ち筋なので、Kサンドパンには効かない放電+避雷針放電をしてくるなんていうのは考えなくてよかったのである…

5戦目で以前勝ったことによる柳の下のドジョウを狙ったばっかりに、基本選出で勝てる勝ち筋を逃しているのである!

人間は常にアップデートしていかなければならない生き物ということをこの大会だけで何度経験したことになるのか…

f:id:ancientmovu:20200719003537p:plain

結果はオリジンブロックで4勝が4人並んで、しっかり6勝したトルンさんが一人抜け。やはりぶんまわすは強かった。

アナザーブロックは接戦だったため、直接対決を制していたほうが決勝へ。

f:id:ancientmovu:20200719003540p:plain

そしてブロックごとに2人ずつ出し、決勝はまさかのアナザーブロックの再戦(詳しくはキャスとか残っていれば見れるかもですが、トドン×2とエーフィ×サンダースでした。トドンと対戦では勝てなかったから安心…?)になり、見事トドンを崩したあんさんの優勝でした~

 

まとめというか意気込みというか

基本選出だったら勝てたかわからない試合が2戦あったせいで、決勝をこの子たちで飾ってあげられなかったのが非常に悔やまれた。それも、基本戦術が固まっているパーティでそれをせずに負けているのでダメダメである。

なので、もっと本能に従順に生きてもいい場面が対人ゲーでもきちんと存在する(しかも結果論だけみればそれが通れば勝っていた)ので、そういうチンパンでも強いものを作っていけるように頑張りたいと考えた。

こういう思考方法は、今後出るやそ杯というメタあり特殊大会でも活かされると思うので、大事にしていかなければ…と想いながら日記を閉じることにする。

 

姑息に宣伝

f:id:ancientmovu:20200717211221p:plain
f:id:ancientmovu:20200717211055p:plain
f:id:ancientmovu:20200717211129p:plain
f:id:ancientmovu:20200717211237p:plain

仲間大会します(姑息ムシ)

パーティの作り方はようつべでリピートボール級って調べたら動画があるからそれでもいいけど下もどうぞ。

ancientmovu.hatenadiary.com

 

初心者だからこそ始めやすい、タイプ統一レシピ!【電気統一編!】

初めましてこんにちは。いつも見てくださっている方々はありがとうございます。

今回はタイプ統一についてざっくりと喋る紹介記事になります。

以下にわたって伝えていく内容はポケモン対戦始めたけど、もう一つレベルアップするためにはタイプ統一がおススメだよ!「タイプ統一でどうやってパーティを組むか?」の2点を、記事を読む方に伝えていくつもりではあります。毎回記事を書くと文字多めなので、適宜目次などを使って読んでいただけると幸いです。

また、今回はわかりやすくするために、電気統一を一例として挙げさせていただきました。まだこの統一を初めて僕もそこまで日が経っていないので、ここ間違っているよ、とかありましたらどうぞご鞭撻のほどをよろしくお願いします。

 

以下、ある程度はポケモンを知っている人が、次なるステップアップのための布石として読むことを想像しているため、HABCDSなどの略称などを使いますが悪しからず。

 

なぜタイプ統一が初心者からでもおススメできるのか?

さて、皆さんの手持ちには下記のようなポケモンがいます。(とりあえずはいたという話にしましょう)

f:id:ancientmovu:20200717155920p:plain

ランクマでもたくさん見かけるポケモンで強そうですね。

さて、仮に相手が下記のようなパーティを出してきました。

f:id:ancientmovu:20200717155925p:plain

変わらず強そうなポケモンたちですね。厄介そうです。

…さて、手元のポケモンたちの型にも左右はされますが、自分の手持ちを見て相手が出してきそうなポケモン、やらせたらマズいポケモン、そういうのをばちっと見極めることがあなたはできるでしょうか?

…もちろんこちらが壁ドラパでミミッキュがアッキ剣舞で…とか型にもよるので誰が誰に刺さるとかわかりづらい問題なのであまり問題としてはよくないのですが、もし自分の手元の型が決まっていたとしても、相手に何を出していいのか、相手に何をさせちゃいけないのか、これがわからない!っていうのが初心者あるあるだと思います。

まあこれでもエースバーン適当に出していれば勝ったり負けたりできるので、それで楽しめるならばそれで楽しんだほうがいいと思います。そういう純粋な時期は非常に大事です。今回の記事には関係ないのでそこら辺は考慮しませんが…

 

…さて、タイプ統一を使うとどうなるのか、変わるところを見ていきましょう!

あなたのパーティは下記のものになります。

f:id:ancientmovu:20200717155930p:plain

いっぽう、相手の手持ちはさっきと変わらず下記になります。

f:id:ancientmovu:20200717155925p:plain

タイプ相性を知っていればわかりますが、相手のポケモンからは、こちらに弱点をたくさん突けるポケモンは…そう!地面タイプのドリュウズですね。

逆に言えば、相手は弱点を突かれやすいトゲキッスは出したくなさそうですし、もし出してきてもこちらの電気技で倒せそうです!バンギラスも地面技を持っていれば出てくるでしょうね(もちろん初手ステロなんかの可能性もあるのでこれはまた立ち回りの話にて…)。電気タイプの技を半減するドラゴンタイプや草タイプを持つドラパルトビリジオンなんかにも注意が必要ですね。

総合的に見ると、ドリュウズを倒せるポケモンを入れながら、電気技に耐性のあるビリジオンやドラパルトに弱点をつけるポケモンを使って、他のポケモンにはそこで出したポケモンの電気技で押していく!これで選出が決まるでしょう!(もちろんそうなるようにパーティを組んでいきますよ!パーティ作り方は別目次で)

相手が何を出してくるのか、何をさせたら自分は負けちゃうのか、これがわかりやすいパーティがタイプ統一のいいところなのです!

 

…まあ早い話、一番最初の問題で、相手が何を出してくるのかわかる人は、もともとパーティを作るのが得意な人なので、タイプ統一をやることでスキルアップするところはないといってもいいですね。この記事を見なくてもタイプ統一含めてパーティ作れると思います。

でも相手のパーティを見ても、相手に何を出していいのか、相手に何をさせちゃいけないのかを読み解く力、これが足りないなぁ…って思う人は、タイプ統一でその力を磨くことができるというわけです!ここが対戦をちょっと遊んだことのある初心者に、僕がタイプ統一をおススメするイチバンの理由になります。

 

使うタイプが苦手な相手を知ろう!

さて、相手になにをされると自分が困るのか、これがわかるのがタイプ統一のいいところですが…相手にそんなポケモンを出されてから悩んでも仕方ないですよね。

ということで、タイプ統一は、まず構築段階で相手のポケモンできついポケモンを倒す算段をつけていくことになります。つまり、パーティを作る段階で苦手な相手は倒せるようにするんです。さきほどの問題でいうならば、ドリュウズさえ倒せればあとは電気技で基本倒せるので、ドリュウズは倒せるようにしなきゃということです。

 

ということで、今回は一例として電気統一を紹介するために、電気タイプの苦手な相手を知りましょう。

f:id:ancientmovu:20200717155912p:plain

さて、(ピカチュウ以外はガラルにはいない)電気タイプを並べました。

ざっくりと例を挙げますが、苦手なポケモンのアイコンは、弱点になる地面タイプ、電気技を半減にするドラゴンタイプや草タイプ、ここら辺が課題だと教えてくれていますね。

タイプの一貫性はどうしても突かれてはしまいますが…電気タイプの技だけだと相手の弱点をあまりたくさんは突けない、ということもわかりますね。特に上でも触れた、電気タイプたちに出てきやすい、地面/ドラゴン/草タイプといった苦手なポケモンに弱点をつけるポケモンが絶対にいたほうがいいでしょう!

これを踏まえて次のパーティ作りのステップに移りましょう。

 

苦手な相手を倒すためのパーティを組もう!

さて、先ほどの項では、電気タイプには地面/ドラゴン/草タイプへの弱点をつける子が必要ということを見てきましたね。

これを踏まえて、こちらでざっくりパーティの一例を作ってきました。

f:id:ancientmovu:20200717155930p:plain

…なんだかみたことありますね。

それはそうとして、この子たちで何をするのか見ていきましょう!

レントラー氷の牙や炎の牙でドラゴンタイプや草タイプの弱点を突く!苦手なポケモンの欄にもいたカビゴンのようなノーマルタイプにも馬鹿力で弱点を突けるのも偉いぞ。

ランターン水タイプと氷タイプの技を使えるので地面タイプやドラゴンタイプの弱点を突く!苦手なポケモンの欄にもいたサザンドラにもマジカルシャインで相手するぞ。

カットロトムリーフストームで地面タイプの弱点をつく!鬼火なんかもあるので苦手なポケモンの火力も落とせるぞ。

ジバコイル…弱点をつくポケモンではないのでここでは割愛。

モルペコ…苦手なポケモンの欄にいた、ドラパルトに悪タイプの技で弱点をつける

パッチラゴン…炎の牙やつばめがえし、ドラゴンクローで草タイプやドラゴンタイプの弱点を突く

さて、ここまで見てもらったらわかるでしょうね。手なポケモンへの対処は、各ポケモンが覚える技でバッチリ準備できています!

相手のポケモンから何が出てくるのかわかりやすい上に、そのポケモンに強い技を覚えたポケモンを出すのであれば…これは勝負をいいところまで持っていけたのではないでしょうか?

それに関してはまた立ち回りの項があればお話ししましょう。

 

今回組んでみたパーティ一例

さて、今回パーティを仮に組んでみましたが、一応これにはコンセプトがあります。

それは「遺伝技なしに」「通常特性だけで」組める電気統一の一例ということです。

つまり、技を遺伝させるために預け屋に行ったり、レイドに行って夢特性を確保したり、他人から交換してもらう手間がなく、そこらへんで捕まえてきたポケモンに王冠とミントと努力値振りと必要量の特性カプセルを使えば(または孵化すれば)すぐにできるというわけですね!努力値の振り方も簡単なものにしていますし、みんなに電気技を搭載しているので、慣れてきたらぜひ自分で調整してみてください。

f:id:ancientmovu:20200717155916p:plain

控えめCS@白いハーブ リーフストーム/10万V/ボルトチェンジ/鬼火

水/地面タイプにつよい草タイプの技を一致で撃てる。今回採用した子がみんな遅めなのでなるべくSが高いと詰め筋になりやすい。後ろの子の襷や頑丈が潰されると困るので、カバルドンステルスロックはこの子で絶対に阻止したいところ。

②蓄電ランターン控えめBC@シュカのみ ボルトチェンジ/なみのり/マジカルシャイン/10万V

地面タイプに一致水技を撃てる。中々硬いのでダイマックスがあればエースバーンなんかともやりあえなくもないが、波乗りでもドリュウズを確定一発にはできない火力の低さにはご注意。

③威嚇レントラー意地っ張りHA@弱点保険 馬鹿力/炎の牙/氷の牙/ワイルドボルト

地面タイプに氷技、草タイプには炎技、岩タイプやノーマルタイプにも一応弱点を突けるダイマックスを切って苦手な相手を倒すのが仕事なので、2番手以降には使いやすい子。弱点保険もダイマックスもないと火力は出づらいのでそこらへんはご愛嬌。

モルペコ陽気AS@気合の襷 オーラぐるま/守る/地団駄/瓦割り

専用技のオーラぐるまは電気→悪→電気→…と技のタイプが変わり、Sも一段階上がる。なので、ドリュウズドラパルトと対面したら、守る→悪のオーラぐるま→相手より早く瓦割りやオーラぐるまで動いてフィニッシュに持ち込むことができる。

⑤頑丈ジバコイル控えめHC@拘り眼鏡 10万V/ラスターカノン/ボルトチェンジ/電磁波

ここまで超火力のポケモン以外にいないので、等倍でも受けられやすいポリゴン2とかに殴り勝てる可能性のあるポケモン。頑丈で相手の攻撃を無理やり耐えることもできるので、龍舞を積んだギャラドスなんかにも安定して出せる。拘り眼鏡電磁波!?と思われるかもしれないが、ダイマックスをするとダイウォールに変化したり、次に紹介するパッチラゴンドラパルトの上をとってくれたりと中々便利な使い方もできる。

⑥張り切りパッチラゴン陽気AS@命の珠 電撃嘴/ドラゴンクロー/炎の牙/燕返し

特殊の超火力がジバコイルならば物理の超火力はこの子。一回ダイジェットを積めば、エースバーンや軒並み見るドラゴンにダイドラグーンをぶつけられるのがとてもいい。この子の仕事は草タイプを炎技で倒すことなので、ナットレイなんかが見えたら出していきたい。

 

立ち回りとか選出はどうするの?

苦手なタイプも考えた!パーティも作った!あとは潜るだけ!

…ではありますが、ここまで解説しておいてあとはみんなのプレイングに任せる、なんてことをするのもアレなので、ちょっとだけ選出や立ち回りのお勉強もしてみましょう。

とは言ってもあくまで一例であって正解でもお手本でもなんでもないので、そこら辺は皆さんが研鑽していく部分だと割り切っていただけると幸いです。

f:id:ancientmovu:20200717155930p:plain

私たちが練習問題で使うのは上記のパーティ!持ち物なども込みで話をするのでご了承ください。

1⃣練習問題

f:id:ancientmovu:20200717155925p:plain

さて、まず対面するのは上のパーティ。並びだけみたら壁ミトムからのバンドリドラパや、トリックミトムや弱保キッスなどもあり得るかもしれませんが、そこら辺は置いておいて誰を出せばいいかに移りましょう。

やはり一番重いのはドリュウズですね。初手からこいつで1匹持っていかれるのは癪に障るので、地面を1発は半減できるランターンでいきましょう。ミトムやキッスにも強めなので安定してそうです。

ここで厳しいのはバンギラスドラパルトビリジオンになりますので、ダイマしないバンギやドラパ対面であれば適当に捨てたりボルチェンでモルペコにバック、ビリジの草技を半減で受けてつばめを撃てるパッチラゴンというルートを考えられるので、初手にランターン、裏にモルペコパッチラゴンを選出しましょう。

選出が終われば、初手ドリュウズであれば波乗りで襷であっても削りを入れて、裏のモルペコできっちり仕留めましょう。あとはダイマックスしたパッチラゴンがどうにかしてくれます。

逆にドリュウズが最初でなかった場合は気合の襷モルペコでなんとかするべきなので、この子は相手のドリュウズが見えるまで絶対に出さないようにしましょう。

 

2⃣練習問題

f:id:ancientmovu:20200717155920p:plain

さて、次に対面するパーティはこちらです。

パっと見た感じ地面技を持っているポケモンはいなさそう…ですが、こちらは電気統一、地面技は効果抜群なので、ゴリランダーが出てきたら10万馬力、ギャラドスが出てきたら地震を持っている可能性大ですね。

さて、こちらのパーティで剣舞を積んできそうなミミッキュをみれそうなのがジバコイルくらいなので絶対に出さなきゃならないのでこの子は確定。

相手も初手に何出すかは迷うでしょうし、こちらより先に動きまくるエースバーン、草で受けてくるだけでなくはたきスライダーの便利なゴリランダー、物理特殊壁どれもあり得るドラパルト、これらが初手に出てくることを考えると威嚇が入って便利そうなレントラーを最初に出して、襷とかをつぶしてくれればラッキーですね。あとはダイジェット一個あればどうにでもなりそうなパッチラゴンを選出しましょう。初手レントラーの裏ジバコイルパッチラゴンですね。

さて、エースバーンゴリランダードラパルトミミッキュギャラドスが出てきたらレントラーはテキトーに攻撃してもらって、HPが残り次第、後ろのパッチラゴンのエサにしてしまいましょう。

ポリゴン2が出てきたら、レントラーは他の子に威嚇を入れられるという時点で仕事があるのでジバコイルをテキトーに投げて、そこからはボルチェンなり10万Vなりで圧をかけていきましょう。

 

ちょっと練習問題としては「本当に勝てるのか…?」という雰囲気も漂っていなくもないですが、でも地面が一貫しているパーティの割には、思ったよりも勝てそうなビジョンは割と見えてきそう…というイメージはつかめたのではないでしょうか?

少なくともパーティ段階で苦手なポケモンがわかっているので、こちらが出すべきポケモンは誰か、そして出したら誰に何をさせなければならないのかが非常にわかりやすいんじゃないかなと思います!

 

この記事のまとめ!

ここまで読み進めた方、お疲れさまでした。

メインテーマにしたかったポケモン対戦始めたけど、もう一つレベルアップするためにはタイプ統一がおススメだよ!」「タイプ統一でどうやってパーティを組むか?」の2点が伝わっていれば幸いです。

ポケモン対戦始めたけど、もう一つレベルアップするためにはタイプ統一がおススメだよ!」ということに関しては、タイプ統一は相手が何を出してくるのかがわかりやすいパーティだから、パーティを作る段階で苦手な相手は倒せるようにして、実際の対戦では誰で何をしなきゃならないのかを理解して対戦に臨める、のがタイプ統一を使うことでのレベルアップになるんじゃないかと考えています。

「タイプ統一でどうやってパーティを組むか?」ということに関しては、相手から出てくるポケモンがある程度わかっているので、苦手なポケモンに弱点をつけるポケモンを用意していけば、最初はわかりやすいと思います。

 

仲間大会やるから宣伝

タイプ統一全然関係ないんですけども、8/22の土曜日の夜に仲間大会するので姑息に宣伝します。

f:id:ancientmovu:20200717211221p:plain
f:id:ancientmovu:20200717211055p:plain
f:id:ancientmovu:20200717211129p:plain
f:id:ancientmovu:20200717211237p:plain

種族統一の作り方レシピについては以前書いたのでそちらをどうぞ。

ancientmovu.hatenadiary.com

 

【ポケモン剣盾】2種族混合パーティ杯【8/6ルール最終改訂】

大会を開くのすごい苦手なのですが、Storm会戦ではできない対戦環境をやりたくなってしまったため、不本意ながら企画することになりました。今後僕が面白そうだと思ったものは誰か他の人が主催してください(←は?)

↑本当に僕が面白そうと思ったのを級にやられたのが非常に申し訳なく思ったのでやっぱこういうのは自分でやります。

 

略称は2種杯です

 

大会日時・場所

2020年8月8日(土) 

21時~ 募集開始(コメントにて受付)

21時50分 募集締め切り

~22時10分 対戦カード発表、マッチング決めなど 順次対戦開始

大会枠 モヴ(@XXXrhsx)のツイキャス

 

 

・大会ルール説明の前に

主催から今回のルール変更についてのお詫び

度重なるルール改訂により、参加を予定していた方々を混乱させる大会運営になってしまったことを深くお詫び申し上げます。

当初は「これくらい軽いルールに誰も反応するわけないだろう」という気持ちで開催を報告した結果、予想外の反響にビビッてしまい、主催としては本命であった第2回Storm会戦のほうに力を入れたかったため、ルールの検討などをせずに7月を迎えました。

「ルールがこのままではまずい」という焦りに加えて、「もっと考察できるルールであってほしい」「ココガラを使いたい」といったような一部の要望に対して過度に反応してしまい、それに合わせたルールの複雑化を招く結果になりました(さらにルールに関しての特性関連は力持ちがそもそも技威力2倍にする能力だったり、防御上げ特性を考慮しなかったりと杜撰な部分をお見せしてしまったのが申し訳なく思います)。

その罪悪感から目を背けるようにして、別企画などの現実逃避に現を抜かし、存在自体をあやふやにしておいて、今回もまた開催日ほぼ前日になってからルールを変更していることに関して、何か企画を検討する立場の人間としては最悪のものであり、何も言い訳する余地がないと思っています。

今回のルール変更に関しては、最初に開催したいと思った理由、つまり「私自身が皆様の推しのコンビを見たい」という理由そのままに基づいたものになっています。よって、進化前でもアナザーなフォルム、自分の創作物でも、ある程度は気持ちよく遊べるルールになっているはずです(もちろんポケモンの性質としてワンサイドゲームが多々発生してしまうことは申し訳なく思いますが)。

それを踏まえても、「もし次の土曜の夜に暇で」「使いたい並びがあって」「今回のルール変更を鑑みて」「参加する意義を感じるか」どうか、皆さまの胸の中で秤をとっていただいて、賛同いただける方に来ていただければ幸いです。時間の無駄と判断した方は時間を他に有意義に使われると思うので賢明な判断だと思います。

今回の大会にて参加予定の方々を振り回してしまったことへのお詫びとして、参加者の皆様(参加予定だった方含む)にはポイントマックスと好きなミントを贈呈しますので、「慰謝料代わりにこれ寄越せ」というのをTwitterのリプライやDM、大会当日のキャスにて言っていただければ幸いです。

今後はこのような難しいルールにして迷走するようなことがなく、もっと気軽に参加できそうなルールにすることを過去の第二回Storm杯と2種杯の名に懸けて誓います。今後とも変わらずお付き合いいただければと思います。重ね重ね、申し訳ありませんでした。

 

・大会ルール

Φノーマルルール ダブルバトル 見せ合い64

Φ覚える技・種族値が同じポケモン3匹×2種類の計6匹のパーティのみ出場を認める

Φ対戦選出時は必ず種族Aから2匹、種族Bから2匹の選出固定とする。

Φ対戦初手は種族A、種族Bがそれぞれ1匹ずつ並ぶように選出すること。2ターン目以降に関しては種族A種族Bそれぞれが1匹ずついなければならないという規則はないものとする。

Φパーティ内で道具重複は禁止(例:デスカーン統一に襷を一個持たせたらデスバーン統一には襷を使えない)

Φフォルムチェンジ・リージョンフォームも違うポケモンとして扱う

Φ過去作・VC・ポケモンGOなどポケモンホームを使用した、大会当日までに解禁されているすべての個体を使用可能

Φ参加者は4人くらいだと思っているので、総当たり戦の予定。人が多そうであればトーナメント形式を行う(敗者トーナメントはない)

Φ大会時間を過ぎても、大会には参加できないが、同じルールで既に敗退した人などと対戦できるようにフリーマッチを行えるようにする。(8/6追記ルール)

Φパーティ入れ替えは自由。ただし、第〇回戦対戦開始のアナウンスがあった5分後までに対戦準備を完了していない場合は不戦敗とみなす。(8/6改訂。個体の入れ替えのルールに関しては後述する)

Φ主催はポケモンバトルを行わない。例外として、参加者が三人以下だった時に限り、事前に発表している組み合わせで参加する(8/6追記。人数が少ない場合は主催はKt&Aサンドパンにて出場)

Φポケモンの組み合わせの合計種族値により、パーティ内で持たせられる道具の数が異なる。また、ちからもちやはりきりやでんきだまなど、ポケモンの実数値(ランクや技威力ではない)を上げる特性/持ち物に関しては、その特性や持ち物をパーティ内で一匹でも採用する場合に限り、上昇後の種族値合計で考える(例:マリルリ種族値合計420だが、ちからもちを採用する場合はA種族値は無振り時の種族値、つまりA120族として考えるため、種族値合計が490になる)

(8/6 ルール改訂。上記訂正線入りのは無効になり、次のΦのルールを採用することとする)

Φパーティポケモン6匹全員に持ち物を持たせることが可能。

Φ大会の試合ごとに、ポケモンの個体入れ替え(ダイマアメ・技・持ち物の変更・フォルムチェンジについての変更という意味の個体変更を指す。使っていた手持ちから外してボックスの別個体に変えることも含む。NNや証は入れ替え制限数に含まないものとする)を可能とする。

Φただし、大会運営の潤滑化及び進化前でも進化後と戦えるルールを目指すため、一試合が終了するごとに各トレーナーが変えられる個体数について

種族Aと種族Bのポケモンの合計種族値(特性を含めない)が

1011~...各試合個体変更可能数:1

860~1010…各試合個体変更可能数:2

~860...各試合個体変更可能数:4

となるようにする。つまり4匹選出のルールで次の試合に変えていい数は1~4のどれかになるということである。

Φ上記種族値による持ち物ルールには、しんかのきせきとつげきチョッキやこだわりハチマキなどの道具、ちからもちやこおりのりんぷんなどの特性は各ポケモン種族値を向上させるものではないと考えるものとする。

 

 

・出場可能ポケモン

Φポケモン単体自体の制限はない

Φ以下のようにペアとして組めるポケモンに制限が存在する

Φ進化前に位置するポケモンの図鑑番号が同じ(ドクケイルアゲハントデスカーンとデスバーンなど)、進化条件が完全に同じ(やみのいしを使用するギルガルドシャンデラなど。ただし、その進化系のレベルアップ進化が一回分だけ同じであるというだけでは認めない)、復元する際に使う化石が一部同じ(パッチルドンとウオチルドンなど)、進化系統が同じポケモンである(アオガラスとアーマーガアなど)、イエッサン♂♀などの雌雄種、ジュラルドンとバンギラスなど公式で対立させている(この場合は出典を示すこと)、リージョンフォームとフォルムチェンジ、などのポケモンたちは無条件にペアとして出場可能

Φ進化条件が完全に一致してはいない(アマルルガブラッキートリデプスアーマルドドサイドンとカイリキーなど)ものや、復元する際に使う化石が違う(パッチルドンとウオノラゴンなど)、一部タイプが同じや御三家同士である(サマヨールとゲンガー、フシギバナとエースバーンなど)、といったポケモンたちはそのままではペアとしては認められない

Φ固有トレーナーが使っているポケモン(例:PWTのトウガンが使用していたハガネールドータクン)のペアは、ポケモンwikiに載っている範囲内のものであれば関連があるとして認める(例:トウガンはPWTでハガネールドリュウズを一緒には使っていないので認められない)

Φ上記のトレーナーについて、ポケモンwikiに載っている範囲であればゲームだけでなく、アニメや漫画、ポケカ要素を使うことも可能

Φポケモンwikiに載っていないが、ポケモン王国攻略館に載っている、などの異論は認めない

Φ伝説ポケモンや幻ポケモンは、合計種族値250以下のポケモンとのみペアを組むことを認める。ただし、これも関連性のあるペア以外は認めない(メルタンとコスモッグコスモウムはこれに該当しない)。このルールはすべてのペア決めルールの中で一番優先順位が高いため、ピカチュウ&ゼクロムソルガレオ&ルナアーラなどは認められない。

Φその他、たかさ/おもさが同じである、レベル○○で△△を覚える、などのニッチな範囲だと思われるものは、10項目が一致していること、参加者が作った創作イラストや小説などを大会募集前に主催に見せてこれはペアがありだと洗脳させること、どちらかの条件を満たしたときにのみ初めて参加可能と認める。ただし上記のルールに基本則った形とするため、よほどの力作、こじつけの量でないと認めないことを留意されたし。また、大会ギリギリになればなるほど、後出しじゃんけんの気が強いため、更なる創作のハードルがあがることを注意されたし。さらに、創作についてOKを出したものは引用RT拡散などするため、バレる組み合わせであることを留意すべし。

 

参加出場可能ポケモン組み合わせの一例を以下に示す。

PWTトウガンのハガネール×ドータクン(ただしハガネール×ドリュウズは同時期に使ってないので禁止)

2段階レベルアップ進化が一致するラビフット×ジメレオン

アニポケから非常に想像しやすいピカチュウ×ヒバニー

ポケカのTAG TEAMオーロット×ヨノワール

ポケモンは旅しかやったことはない人でもわかる組み合わせ例のダゲキ×ナゲキ

創作や企画がよかったため、点数を与えたルカリオ×Aキュウコン(ほかにこのような創作関連で認めている組み合わせは8/6時点でも存在なし)

TAG TEAMだがメガシンカがないのでバンギラス×メガヤミラミは出場不可能

 

その他あり得る、あり得ない組み合わせは、都度ツイートしていくつもりなので、もしこれがOKかどうか知りたければ主催まで。なお、その組み合わせをツイート又はここに追記されることとなる。

 

 不明な点はTwitterまで。

【ポケモン剣盾仲間大会】8世代で初めてのタイプ統一が電気統一でしたという話【神鳴門】

この時点で16ふぁぼとかもらってるのでもう既に個人的欲求は満たされているんですが、まあ上位勢はランクマ用に持ち物公開しなかったりしているみたいなので、ランクマあんま関係ない民の自分が構築紹介しようかな、って感じの小学生並みの感想文です。ブラウザバックはお好みでしてください。

 

毎回クソ長い記事になるので目次つけてます。見たいところだけ読んでください。 

 

あいさつ(校長先生くらい長い)

はじめましての方ははじめまして、そうでない方はいつもありがとうございます!

化石ポケモンだけで揃えたパーティでよく遊んでいる、モヴと申すものです。

挨拶の欄なので、自己紹介、なんで電気統一を選んだか?の2つを語ろうかと思います(構築紹介とかはもっと後だから、目次とかを使って各自飛ばして読んでね!)。

僕がポケモン対戦を始めたのは6世代ORAS環境の頃からで、その頃対戦にハマるきっかけが、化石統一(化石から復元されたポケモンとその進化系のみ使える)という縛りをやっていたからです。もうおわかりかもしれませんが、過去5年間くらいはタイプ統一勢でした(なんと昔は化石ポケモンは岩タイプが絶対についている!)。

今世代に入って、初めて化石ポケモンはタイプ統一ではなくコンセプト統一になったわけですが、まあそこらへんの話は別記事でやっているので、今日は電気タイプ統一がなかなか強いよ、という話をする予定なので、割愛させていただきます。

ancientmovu.hatenadiary.com

さて、なぜタイプ統一に復帰したのかですが、ここ最近、オールタイプニッポン(@alltypenippon)という、タイプ統一専用の企画が1か月半くらい続いているんですよね!

めっちゃ語感がいいのと、毎日違う人が配信しているので、いろんなタイプ統一に触れられるのですが、そんな企画を見てたらやりたくなりますよね!タイプ統一!

そこで、仲良くさせてもらってるかみなりさまさんが主催のタイプ統一仲間大会が開かれたので、ガラルの化石ポケモンの使えるタイプ統一は電気/氷/水/竜の4つ。もともとやっていた岩統一のさらに縮小版の化石統一は、「受けが成立しない(最もこれは岩統一全体に言える)」「切り返しができる」「なんか早め」というパーティだったため、これに一番近いのは氷統一と電気統一であり、ちょうどボックスを覗いたらそれっぽいポケモンが育成済みだったので電気統一にすることにした、という感じです。岩統一はバンギとイワパレスの使い方がわからなかったので断念。

 

パーティの組み立て方

後述しますが、リピートボール級というフレンド対戦環境で、弱保パッチルドンにパッチラゴン統一が負けたことから、弱保パッチルドンからスタート。

パッチルドンはフリドラなんかを使えるため、水/地面/飛行を中心に、重い炎や岩への打点を搭載することで、幅広く弱保エースになれると想定。よって他のメンツは非ダイマックスポケモンを中心に組むことに決めた。

頑丈起死回生とこらえるや麻痺撒きに妖打点を持つ、8世代DLC無し電気統一看板ポケモントゲデマルが2匹目。Sを自分で上げることができるので、リザードンなんかにも疑似的に強くなれる襷モルペコが3匹目。初めて使うタイプ統一なので、この3匹を基本選出に考えた。

パッチルドンを育成したときにフリドラを切ったので水地面複合への打点がまったくなくなった&ここまでS100族を超えるポケモンがなかなかいなかったので、せめてSラインは高く保とうと思った&電気統一は初手出し負けに弱いのである程度のケアができる脱出パックカットロトムが4匹目、ここまで受けポケモンがいないのも不安なため、毒統一のヨシキさん(https://dic.nicovideo.jp/l/ヨシキ)から貰ったストリンダーを親にしたHDストリンダー(毒統一だとどうやらこれが強いらしい)を5匹目にした。

ここまでで、鋼タイプへの弱保なしの打点、そして格闘タイプへの打点がないことに気づいたと思う。鉄壁ナットレイやコットンガードバイウールー、ローブシンの突破方法がないのである。そこで皆さん気づいてほしい。これらのポケモン特殊技に弱い。よって、炎技と飛行技を使える電気タイプ、特殊パッチラゴンを採用した。

ぶっちゃけていうと、化石ポケモン以外は育成済みボックスにいた子の流用なので、化石ポケモンを新規育成してこのパーティに合わせるように組まれていることとなる。それでもタイプ統一はこれだけ勝てるので、みんなもっと気軽に組めばいいと思います。軸にした化石ポケモンたちが尻ぬぐいにまわる側の時点でポケモンあんま上手くないことがバレるな?

あと本当はステロあくびマッギョ→はりきり物理パッチラゴンの最強エース降臨の予定だったのですが、A抜け5Vじゅうなんマッギョが9匹くらい産まれた時点で諦めました。ミラータイプマッギョでもない限り柔軟はいらないんだよなぁ…

 

各個体解説

f:id:ancientmovu:20200525203309p:plain

今回はバトルタワールールなのでレベル50以上じゃないとまずいぞ!(最近僕もノーマルルールで対戦しているのでやらかしかけた)

⓵モルペコ@きあいのタスキ 陽気ASぶっぱ

オーラぐるまとタイプを管理する守るは確定。トリルと壁展開が他の子では止められなかったので、挑発と瓦割りを入れた(最後までサイコファングと迷ってたがどちらも撃たなかった)。

カットロトム@だっしゅつパック 控えめCSぶっぱ

 ↓で使った個体の流用。というか普通にランクマでもフォルムチェンジさせて使いまくっている。脱出パックを持っているため、ダイホロウなんかを食らうと勝手に帰っていって、非常にダイマックスと相性が悪い。火力のあるボルトチェンジくらいの気持ちで使えるので、相手のカバが引っ込むかどうかのじゃんけんにも強くて僕は好きです。

鬼火は雑に仕込んだけど、物理ドラパルトへの詰め筋やダイウォールになったりするので僕は好きです。

ancientmovu.hatenadiary.com

③パッチルドン@じゃくてんほけん やんちゃH156A132B60C4D92S60(これだと実数値1お得だけど、なんかがんばりやかなんかで育成してた)

今回の構築の出発点。ボーちゃんやクマシュンを個人的に抜いた、鼻水さいかわモンスター。ガラル化石の中では一番見た目がかわいいし、他のガラル化石に対して技範囲的には強く出れるのもズル。

臆病シャンデラのダイバーン(オバヒ媒介)確定耐え陽気ドリュのダイアース+ステロ確定耐え弱保+ダイアースで無振りダイマックスドリュウズ超高乱数1自慢のパッチルドン。電撃嘴するときにジャンプするのでみんな使ってほしい。

トゲデマル@カムラのみ 陽気ASぶっぱ

8世代電気統一の要だからあんま喋ることがない。最初はチイラのみにしていたが、ランクマの試運転でスカーフドリュウズに全抜きされかけたのでカムラに変更した。これがまた強かったので変更は正解だと思われる。

⑤ストリンダー@くろいヘドロ 穏やかHDぶっぱ

毒統一では強いらしいので使ってみた。マルチバトルでもよく活躍するので結構すき。

ちなみにストリンダーに対して性格ミントを使っても外見は変わらないので、薬物をやってても変わらない芸能人みたいハイな姿でのひかえめ個体とかが作れるのでこいつが相手側から出てくると奇襲されないかヒヤヒヤする。

⑥パッチラゴン@いのちのたま 控えめCSぶっぱ

控えめでも命の珠+はりきりダイジェットで無振りエルレイドが吹き飛ぶ。化け物か?

タイプ統一をすると必ずコットンガードエルフーンに泣かされるのでそのためのポケモンではある。ドラゴンタイプでフェアリータイプを対策するな

12月の大洗のオフ会に行くまでの間に育成した思い入れのある子。その時は蓄電じゃないから特性カプセルを使ったのに、A個体値がVだからという理由で今回はりきりに戻された被害者。

 

パーティ総評:ライボルトみたいな早いポケモンがいないので、パッチルドン入り電気統一はこういう感じになると思われる。襷が余るならばCSパッチルドンかな?という印象。

 

仲間大会の結果

f:id:ancientmovu:20200525203313p:plain

序盤は3連敗と化してレート1460くらいだったのに、なぜかそこから勝ち越してなんか最終5位までこれた。ランクマ勢ではないので、レート1550超えた辺りから心臓が鳴りやまなかったのでこれ以上を目指せというのは中の人的には無理です()

立ち回りとしては、モルペコ+トゲデマル+相手に刺さっているポケモン、が基本戦術という感じ。モルペコの一致技が刺さっていなければモルペコを抜いたり、相手が電気統一なら手の内がバレているトゲデマルを抜いたりするのが鍵。さらに言うと、ゴースト統一はモルペコをめちゃくちゃ警戒するので、トリックルームを使うゴースト統一なんかではなければモルペコを出さない(相手の弱保ドラパルトのエサにされる)、なんていう駆け引きがタイプ統一同士だと勝負を左右するとは思われる(ここら辺はどれだけタイプ統一触ったことあるか!な話になるので、みんなもたくさん対戦を重ねてほしいですね!)(でも僕が相手するときにみんなお上手だと僕は弱いので困るという罠)

 

パーティの振り返り、各個体の振り返り

で、何が強かったかを振り返ると…電気統一、麻痺撒きがめちゃくちゃ強いんだなぁ、という印象でした。トゲデマルの運がオーバーフローして、ほっぺすりすりしてアイアンヘッドしてズルするなんて場面がひじょーーーーーーーーに多かった。こいつ強い。麻痺率が高いとこらえるを選択したターンに攻撃できない、みたいな事故もあったので素早さを下げるおまけ程度に考えたほうがいいとは思います!
あとはパッチラゴンが技を全然外さないことでしょうか。りゅうせいぐんだいもんじも外れる技なので、ここら辺はパーティと相談すべきでしょうね。

パーティ総括としては、中速帯にポケモンをまとめたので、カムラやオーラぐるまが発動すれば早いポケモンを倒せる自分よりも遅ければ普通に上から倒せる、なんていうSラインが高い部分も電気統一の強みには感じました。抜かれて困ったのはかるわざ襷ルチャブルと最速腹太鼓カビゴンだけだったので。これも電気タイプ統一の強みかなぁ、と感じます。なんか岩統一弱く感じてきて泣けるなこれ

 

一応個々の評価に移ると

①モルペコの瓦割りをマッチング的に使わなかった。けどそれ以外は強かった。

ダイマックスしづらいこと以外は脱出パックカットムの使い勝手は良好。鬼火も一回使ったのでgood

③今回のパッチルドンは化石統一でよく使うS振りの子ではなかったので、麻痺込みでも上をとれることが少なかったので電撃嘴の趙火力はあまり見なかった(それでも後攻くちばしでH振りダイマックスインテレオン確2にしたりするので強い)。また、Cに振らなかったのでポットデスの砕ける鎧を警戒して吹雪を撃ったときに火力不足だったのもとても悲しく感じたが、両刀にすること自体は間違っていない場面(ちかすい連打されるなど)が多かった。

④MVPすぎるトゲデマル。16チャレで挑発を入れたジャラランガを後出しからほぺすり→アイへだけで突破したり、ホルードなど厳しいポケモンを起死回生で倒すなんていうのがこのポケモンの強さを感じた。

⑤あまり選出しなかったが出したら相手の悪だくみ全抜きなんかを止められる怪電波、火力が出るアシボとバクアの使い勝手が本当によかった。悪統一と対戦しなかったので毒毒は腐った印象だが、アシッドボムを使って特殊パッチラゴンのサポートするとかいうファインプレーもあったので、採用は正解な気がする。

⑥ほぼ読まれない型のメジャーポケモンとかいう一番大好きなパターン。たぶん相対した電気統一勢には(あ、パーティ的に特殊だな)と思われたはずなので、そこが弱いところか。はりきりは物理技にしか反応しないので、みがまもで透かそうとしたエンニュート相手に大地の力連打安定になったり、襷カウンターリザードンなんていう1・3世代限定のレアポケモンに対して効いたり、B>Dな種族値ダイマックスイワパレスに竜星群が7割くらい入ったりと、マッチングも恵まれてだいぶ活躍した。

 

概ねパーティとしては完成度が高く結果も残せたため文句はなかったが、改善点があるとすれば、もっとパッチルドンのSラインを上げること、行動不能読みの麻痺に頼らないこと、格闘への打点用にモルペコをサイコファング採用にする、もっと上の順位を目指すためにたくさん潜る、パッチルドンのけたぐりをダイウォールに変えられる挑発や充電などに変えてみる、などが挙げられる。

 

感想と宣伝のコーナー

ここからは挨拶同様にグダグダ語るので構築とは直接的には関係ないです。

弱保パッチルドンを作るきっかけになったリピートボール級について宣伝です!

f:id:ancientmovu:20200113110637p:plain

f:id:ancientmovu:20200525230712j:plain
f:id:ancientmovu:20200525230718j:plain
f:id:ancientmovu:20200525230724j:plain
f:id:ancientmovu:20200525230730j:plain

(漫画はハルハさんからの借り物)つまりこういう場所です。推しポケ3体以上だけで潜れる素敵な環境なのでぜひ来てください。例えば、タイプ統一用に特殊、物理、それぞれのサザンドラとか作ったことのあるタイプ統一勢ならば、同じポケモンが3匹以上なんてのは普通だと思います。

また、リピートボール級専用のレンタルパーティを借りるhttps://repeatballtierdb.web.app/)なんてこともできるので、メルメタルとか6匹も持っていないなぁ…なんて人でも参加できます!過去作個体もオッケーなので、カウンターゲンガーやころがるフワライドなんてのも見られるかも?

対戦の幅も非常に広くて、かみなりさまと僕はタンドン統一vsエレズン統一、セキタンザン統一vsストリンダー統一なんて対面もしていたりします。かわいいバトルからガッチガチの進化後までぜんぶ歓迎な環境なので、自分の相棒ポケモンの新たな可能性が見つかると思います!

f:id:ancientmovu:20200107112416p:plain
f:id:ancientmovu:20200306113518p:plain
f:id:ancientmovu:20200331153120p:plain

あと、実はそんなリピートボール級と同じバトルができる仲間大会、第二回Storm会戦を8月に開催決定しています。今はリピボ級に間に合わなくても、8月のこの大会には参加してくれると嬉しいです。この仲間大会はどんな順位でも賞品がもらえるチャンスがあるので、ぜひ好きな子をたくさん育成してほしいと思います。

リピボ級のパーティの作り方は僕の記事↓とか、YouTubeで「フワライド統一」って検索すると出てくる動画↓とかを参考にしてみてください。

youtu.be

ancientmovu.hatenadiary.com

 

最後に主催のかみなりさま、対戦相手のみなさん、他参加者の皆様、素敵な仲間大会をありがとうございました! 来月はタイプ統一勢になってみようかな。